いみひのブログ

介護と育児と商売と。ひゃー!!の日々をつぶやく嫁ブログです

時短着替えや洗濯の負担軽減!介護に適した服装は?

毎日の着替え、洗濯、食事・・・

主婦にとっては毎日当たり前のことなのですが

これが介護となると

かなりの負担増になってきます。

 

特に洋服に関しては

なるべく自分が負担を軽減されるものを選ぶべきです!!

これは私の経験からですが

適した洋服を選んでいないと

  • 洗濯の回数が増える
  • 洗濯もせずに(手がつけられず)処分してしまう洋服が増える
  • 着替えにかかる時間が増える
  • 着替えすら負担となって介護ストレスがのしかかる
という、かなり現実的なつらい境遇に立たされます。
たった洋服ひとつ!と思われがちですが
 

上衣はポロシャツやスゥェットなどの首回りが空いた脱ぎ着しやすいもの

ズボンはウエストゴムのスゥェットで、出来れば足首もゴムになっているもの

これを選べば、まず間違いなくストレスは軽減されます!

 

 

逆に、絶対に選んではいけないタイプ

上衣

  • 下までボタンが続くシャツタイプ
  • 白い色の服
  • 胸ポケットなどにボタンやチャックなどの装飾がついているもの
  • フードつきのもの

ズボン

  • 綿のパンツやジーパン
  • シャージの、裾の広がったもの
  • メッシュ素材や、通気性に富んだウィンドブレーカータイプの素材
 
なぜ選んでいけないかは、以下に私の経験談とともに
書きたいと思います。

 

介護となってしまうと

結局子どもと一緒で汚す回数も増えるので

そのたびに着替えをさせないといけません。

しかし、違うところは

大人は体が大きい分

着替えさせるのも一苦労です。

 

両腕上げて〜はい!というわけにはいかず

背中に回って上に巻き上げて

濡れていて体にくっついている場合は

片腕から袖を抜いて、頭を通して・・・

 

ズボンに至っては

ごろりんとねんねして〜ってわけにはいかず

履かせるときなんかは特に大変で

ズボンをすそまで手繰って片足ずつ入れて

膝まで通したら何かにつかまって立ってもらって

腰まで引き上げて・・・

 

ギフ(義理父)はオムツになるまでは

ほんとに苦労が多く

特に大きいほうを失敗することが続いたときは

本当につらかったです。

こちらにて詳細読んでいただけます!

↓↓

 

 

大きいほうを漏らした場合
ギフはパンツもトランクスタイプを履いていたので

重力に従って

足を伝って地面まで・・・ボトリと落ちてくるんです。

最初は裾の広がった

パンタロンタイプのジャージを履かせていたので

(その方が、着替えもしやすいと思っていました)

結局足を伝っておちてきたモノは

床、じゅうたんまで到達して

結局被害が拡大する羽目になっていました。

そこで、今時あまり販売していない

足首ゴムタイプのジャージを探して

全てそちらにシフトしていきました。

 

結局足首ゴムタイプは

もし漏らした場合の被害をある程度に抑えられるだけでなく

着替えの時にも足首で止まってくれるので

履かせるときも楽になったし

ギフ本人も

歩行の時や、車の乗り降りの際に

ズボンの裾を踏むことが無くなったので

危険を回避できる、というメリットにも気づきました。

足を引きづって歩くギフにとっては

パンタロンタイプのズボンは

どうしても踏みつけたりひっかったりして危なかったので

そんな不安も解消されました。

 

しかし、しまむらやイオンに行っても売っていなくて

いろいろと探しました。

私はドン・キホーテのかごセールで見つけて

スゥェット上下セットで980円とお値打ちだったので

色違いで数点買いだめをしておきました。

 

f:id:iimihi:20191024053800p:plain


格安の雑貨ショップ(オンセンドなど)には

ズボンのみで1000円程度で販売していたので

ドン・キホーテはかなりお得だと思います。

(冬にしか置いていませんでしたが)

 

夏場になると

メッシュ素材やウィンドブレーカータイプなどの

涼しげな素材を選びがちですが

これも個人的には適していないと思います。

これは何よりも

臭いが取れない!からです。

これは、何度洗っても、フレグランス系を入れても

時間が経つと尿漏れの臭いが戻ってきて

ほんとにストレスでした。

あと、このタイプは

裾がアジャスターゴムになっていて

絞って調節出来るようになっているものもありますが

これは輪になったゴムがぴょんと飛び出てしまうので

最も危険なタイプです。

 

さて、上衣に関してですが、首周りの開いた服であれば

ある程度本人で着てもらうことができます。

しかし、白色の上衣は

食べこぼしなどですぐに汚してしまうので

適していません。(子供場合と一緒ですね)

 

フード付きの衣服は

これも子供と一緒で

引っかかったときの危険性があることと

(保育園ではフードつきは禁止されていますよね)

自分で着られても

うまくフードを外に出せないデメリットがあります。

つまり、衣服の中に入り込んでしまって

上手に着られないのですね。

結局、手を貸してあげないといけない事態に・・・

 

あと、デイサービスなどの施設を利用していると

どんな施設も冷暖房完備になっていて

そんなに厚手や夏使用は必要ないかと思いますが

ギフが今お世話になっている老健では

半袖、半ズボンは不可と言われました。

前のデイサービスでは言われなかったのですが

万が一転倒した場合の保護の為、とのことでした。

なので、夏用に新しく用意しておいた

短パンと半袖Tシャツは

そのままお蔵入りとなってしまいました。

 

これは各事業所に

事前に確認することをお勧めします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://iimihi.hatenablog.com/top_1