いみひのブログ

介護と育児と商売と。ひゃー!!の日々をつぶやく嫁ブログです

介護タクシーと福祉タクシーの違いって?

 私がギフ(義理父)の介護をしているときに

ややこしいな、わかりにくいなと思ったのは

介護タクシー」と「福祉タクシー」の違いでした。

 

結論から言うと

福祉タクシー

  • 利用制限はないが、料金は実費になる
  • 基本的に車の乗降などの介助はしてもらえない
  • 自分で利用業者に交渉し、状況を伝えなければならない
 

 

  • 介護保険を使えるので自己負担が軽減される
  • ケアマネージャーと相談の上、利用できる範囲で利用する
  • 介助も全てお願いできるが、利用シーンに制限がある

 

実際に私は「福祉タクシー」を2回

利用しました。

 

ギフ(義理父)に病気が見つかり

総合病院へ入院していた時ですが

その後在宅での介護は難しいということで

老健に入所させてもらうことになりました。

 

病院→老健への直接の移動には

我が家の車は車いすが乗れるような仕様になっていないこともあり

福祉タクシーを利用しました。

 

その際に、事前に確認が必要だった項目はこちらです。

  • 料金の課金は、距離制か、時間制なのか?
  • 車いすで乗降できるか?
  • 車いすのレンタル料はどれだけか?

福祉タクシー

あくまでも介護保険適用外なので

支払は実費になります。

ギフの場合はすでに車いす生活になっていたので

事前に、車いすの乗る車のと

車いすのレンタルを申請しておく必要がありました。

 

病院の車いす

基本的に院内だけとなり

家族と、ドライバーさんにも手伝ってもらって

福祉タクシー専用の車いす

乗り換えてもらいました。

介護関連資格を持っていないドライバーさんでないと

基本的には介助をお手伝いしてもらうことは出来ないのですが

場合によっては

臨機応変にお手伝い対応してくださるところもあります。

 

以前病院に行くときに使った「福祉タクシー」は

送迎はしてもらえたのですが

車の乗降はお手伝いしていただけず

家族も都合でどうしても迎え時間しか行けなかったので

やむなく

病院の看護師さんに待合室まで

連れて行ってもらったこともありました。

介護関係の資格を持っていないと

介助をすることは禁止されていますので

その辺も事前に確認したほうがいいと思います。

 

ちなみに

介護タクシーと呼ばれているものは

業務として

送迎以外にも介助を行う点が大きな違いです。

そのため、ケアプランに組み込むことで

介護保険が適用となり

自己負担が軽減されます。

 

ただし、ケアマネージャーさんによる

ケアプランに組み込まないといけないので

  • 介護保険の点数内であること
  • 家族の同乗が認められないこと

   (介助が可能とみなされるので介護保険適用外とされる)

  • 利用目的によっても対象外となる

   (例えばプライベートの趣味、嗜好のための外出などは適用外となる)

等のことより

ケアマネさんに要相談となります。

 

どちらが利用価値があるかは

状況に応じて全く変わってくるので

事前にケアマネージャーさんに相談してから

どちらを使うとよいかを決めるのが

一番良い方法だと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://iimihi.hatenablog.com/top_1